「ふるーと」高音域の音の出し方について・・私のばあい
  
    
       
だまだ 「出る!」 というところまではいかないのですが・・・・・
      出ない出ない・・と悩んでいたころよりは少しは出るようになってきました。
      したら出るのか・・と本を調べ、インターネットを調べ、暗中模索、四苦八苦
      して悩みました。グループレッスンの手前 変な音を出していると他の人に迷惑を
      かけるからです。(低い音と違って 高い音は目立ちます。)

      分のことで精一杯で他のかたがたの様子はわかりませんが 私が一番「ヒーヒー」
      していたらしく、「音が大きい」 と先生に注意されました。
      「迷惑をかけないように、かけないように」 と生きてきた私
(・・・山ほどかけてきたもの
       に限ってこう言うのです・・・・・この場を使って謝っておきます。皆様スミマセンデシタ 
m(__)m )
      は、その一言で滅茶苦茶ショックを受け、落ち込み、音が出せなくなり、もうやめようかとも
      思いつめましたが、なんと一回休んだだけであつかましくもたくましくモチナオシ
      なんとか続けています。

      しかたについては大概同じようなことが書いてありました。
      先生も教えてくださいました。

      
の場合は、どちらかといえば低音よりは高音のほうが 低音以上に出なかったの
      ですが、低音が出ないと言っておられる方もいるようです。
      ・・・が、高音も低音も 同じだと思うのです。
      
論として今思うに、やはり教えていただくことは 「ヒント」であって、理論で教えて
      もらったところで、それだけですぐにス〜っと出るようになることはなく、
最終的には
      ただただ吹くまくり 自分の感触でつかんでいくしかないと思うのです。
      
何でもいいから 頭に出したい音をイメージして吹きまくって行くうちに 最初は瞬間的
      にしか出なかったものが少しずつ長い音になり ひとつ上の音、もう一つ上の音・・と
      出るようになるのではないかと思うのです。
      
りあえずは出なければ 先生としても教えようがないのかもしれません。
      また、たくさんの生徒を見てこられて そのうち出るだろう・・とおもっておられるのかも
      しれません。
 

               
 ・・・・・ということで、
                
 何とか「耳障りでない音」が出るように
         今後も「不良主婦?」を貫き通して吹きまくりたいと思っています。

          
      
                      2004-1-14
                   

    
     

                        
もどる

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー